治療後のメインテナンス

インプラントを守る歯みがきと定期検診

インプラントを守る歯みがきと定期検診

インプラントを生涯にわたり機能させるためには、毎食後の歯みがきと定期検診が必要です。ほんの少しのお口への配慮が、QOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)の向上に繋がります。他の誰でもない、あなた自身のためです。少し面倒だと感じられることもあるでしょうが、口腔ケアを続けていきましょう。ケアを怠るとインプラント歯周炎にかかり、せっかくのインプラントも機能しなくなってしまう恐れがあります。

正しい歯みがき方法をご存じですか?

正しい歯みがき方法をご存じですか?

毎日きちんと歯みがきをしていても、その方法が正しくなければ十分な効果は得られません。「歯みがきしているのに虫歯になる」という方は、歯みがき方法が間違っているのかもしれません。ロイヤル歯科医院では正しい歯みがき方法をお教えしていますので、お気軽にご相談ください。分かりやすく丁寧に指導いたします。

定期検診で口腔内の健康を守ろう

定期検診で口腔内の健康を守ろう

定期検診はインプラントの寿命を延ばすためには欠かせません。定期的にインプラントや口内環境をチェックすることで、悪いところがあれば早期に治療することができます。また定期検診ではお口のクリーニングも行うので、口内環境を良くすることができます。インプラント治療後は定期検診を受けましょう。

口腔内をきれいに保つPMTC

定期検診の最後に行うのは、PMTCというお口のクリーニングです。専用機材を使い、お口のすみずみまでクリーニングします。インプラント歯周炎はもちろん、虫歯・歯周病予防にも効果的です。

口腔内をきれいに保つPMTC

歯科コラム ~QOLと歯周病~

日本人が歯を失う原因の第一位になっている歯周病ですが、影響を及ぼすのはお口の中だけではありません。歯周病菌が血液を介して体中を巡ることで、様々な症状・病気(糖尿病、心筋梗塞、血管障害、早産など)の原因になってしまうこともあります。インプラントを生涯にわたり使うためにも、QOLを維持・向上するためにも、歯周病の予防・治療は必須です。また歯周病が治癒したところ糖尿病も治癒したという臨床報告も出ています。

※60歳以上の約40%の方が重度の歯周病を患っているとされています。この年代に該当される方は、お早めに歯周病チェックにご来院ください。