インプラントとは

インプラント治療で充実した毎日を過ごしましょう

インプラント治療で充実した毎日を過ごしましょう

インプラント治療は、ブリッジや入れ歯と同じように歯が抜けた場合に用いる歯科治療です。とはいえ、ブリッジや入れ歯のように「見た目が気になる」「健康な歯にダメージを与える」「噛み心地が悪い」というようなことはありません。歯が抜けた箇所に人工歯根(フィクスチャー)を埋入し、顎の骨と結合するのを待ちます。そしてしっかりと結合したら、その上からセラミック製の人工歯を装着。顎の骨という支えがあるので、まるでご自分の歯と同じような感覚でお食事が楽しめます。また人工歯はセラミックできているので審美性も抜群です。

インプラントの2つの特長

自然で美しい人工歯 ご自分の歯と同じような噛み心地
セラミック製の人工歯を装着するので、とても自然で美しい口元になります。入れ歯のような見た目の違和感もありません。またセラミックの人工歯は多くの芸能人も使っています。 インプラントは顎の骨と強固に結合するので、噛み心地はまるで自分の歯そのもの。昔のような感覚でお食事をお楽しみいただけます。「もう一度とうもろこしにかぶりつきたい」「歯のことを気にせず思いっきり食事を楽しみたい」というようなご要望にお応えできるのは、インプラント治療だからこそです。

インプラント治療の歴史

インプラント治療の歴史

インプラント治療のあゆみは、1952年にスウェーデンの医師ブローネマルクのある発見から始まります。その発見とは、骨とチタンが結合するということ。つまり、顎の骨にチタンを埋入しても体は異物とみなさず、チタンを取り込んでくれるのです。この発見をもとに様々な研究がなされ、インプラント治療が確立されました。

現在でもインプラント治療は様々な研究がなされ、日々進歩し続けています。そのため最新のインプラント治療を歯科医院が提供するためには、インプラント治療に関する勉強・研究を常に続ける必要があるのです。